会えば会うほど好きになる単純接触効果

      恋愛テクニック

単純接触効果

皆さんは同じクラスの子を好きになったり、毎朝電車で見かける子を好きになったりした経験はないでしょうか?

また、最初はそれほどでもなかった芸能人を何度もテレビで見かけるうちにいつの間にか好きになっていたり、同じようにアーティストが歌っている曲を何度も聴いているうちに好きになったりしたことはありませんか?

これは単純接触効果といってザイアンスが提唱した「単純に接触するだけで好意が増していく」効果のことをいいます。

これはよくビジネス、特にコンビニなどでも言えることがあり、コンビニを見ることでそのときは通りすぎても、近くにコンビニがあれば寄ってみようかな。という気になります。

これを恋愛に活かす方法としては意中の異性と接触の機会を増やすことです。
知らない異性と会うことは心理的抵抗がありますが、何度も会うことで警戒心が薄れていき、それが好意に繋がるのです。

しかし、この単純接触効果は恋愛感情を生むとは限りません。
単に警戒心が薄れていき、俗にいう「友達として好き」という状態になってしまいかねません。

これを避けるためには何度も会うなかで親しくなったときに好意を伝えることが重要です。
相手に根底に異性として意識させるのです。

一度異性ではなく友達として認識された場合、恋愛感情を抱かせるのは初対面より難しくなってしまいます。

好意を伝えるのが難しいときはたくさん褒めてあげてみてください。褒める、ということは好意に繋がりやすい行為であり、好意の返報性という観念からも好きという感情を抱かせる簡単な方法です。

しかし、この単純接触効果とはもともとあなたに対するイメージが少なからずともプラスであるときのみです。
マイナスであれば、あまり効果は期待できないので気を付けてください。