見た目が良い人はなぜモテるのか?ハロー効果とピグマリオン効果の重要性

      恋愛コラム

ハロー効果

皆様は見た目がいい人という定義はどのような人のことを想像するでしょう?

まずは、単純に顔ですね。モデルや俳優さんなど挙げればキリがありませんね。
あとはファッションセンスなども考えられるでしょう。

顔もファッションも所詮相手の主観的な判断のもと一方的に下される判断です。




ある人が嫌いでも別の人間にとっては好みなんてことはもはや言われずともご存知でしょう。

ではここでいう「見た目がいい人」とは具体的にどのような人か。

ずばり、雰囲気がいい人、です。

随分曖昧だな、と思われるかもしれません。

ですが、みなさんの周りに一人は、なぜかそんなにかっこよくもないのにすごいモテるな、
何故か彼の前にいくと気後れを感じる、顔だけ見ればタイプじゃないのに何故か第一印象からしてよかったというような人が。

同性異性問わずこういった人はいますよね。

そう、彼らは一様にして心象がいいのです。それも第一印象から。

ではこの心象のいい雰囲気を構成するファクターは何なのか?

それが人によって非常に多様なファクターがあるのですが、共通する要素もあるのです。

それを真似ることができればたとえ見た目に自信がなくても異性からの評価が上がるでしょう。

以下順を追って説明します。

見た目がいいことによるメリットから。

優越感に浸れる

容姿端麗な相手を望む心理として、自分のステータスとしたいという欲求がみられます。

つまり周りからあんないい女(または男)連れて歩いてるなんて羨ましいなぁと思われたいから見た目が良い人は好まれる。

これは皆さんもイメージ沸きやすいでしょう。自己承認欲求のひとつですね。自己顕示欲ともいえますが。

周りからの評価アップ

先ほどの流れからを汲んだ内容ですが、あんないい人と付き合ってるならあの人は絶対仕事ができて金持ちなんだろうなぁ、などこれもステータスですね。

単純に美人=お金持ちが連れてるというイメージでしょうか。これもまさに認知バイアスって感じです。

ミーハーとでもいましょうか。笑
短絡的な思考だとは思いますが実際こういう評価はありますよね。

最後に前述の好印象を与える雰囲気において最大の長所です。

ハロー効果

ハロー効果とは簡単にいうと

その人が一つの素晴らしい特徴を持っていると他の特徴まで素晴らしいと評価されること。

外見や口調はもちろん、過去の経歴や家族構成においてもハロー効果は見られる。

例えばボロボロのスーツを着て髪の毛もぼさぼさな人より、きちっと綺麗なスーツを着こなし、髪の毛をまとめている人のほうが仕事ができそうな感じがしますよね。

また対面した時に姿勢が良く、食事のマナーもしっかりとしており、口調もハキハキしている人は信頼感があります。きっと育ちがいいんだろなんて想像しませんか?

勿論雰囲気がいい人はこれらの点は当たり前のようにおさえています。
故にまずは彼らの当たり前を見習いましょう。中には巧みなトーク技術で心象をさらによくしている人もいます。まず彼らはいわゆるカリスマ、というやつですね。

しかし、雰囲気をよくするのにカリスマになる必要はありません。

結論としてイケメン、美女は当然モテます。

しかし、あいつはイケメンだから…あの子は美人だから…といって外見を諦め、中身で勝負しようとしてませんか?

身だしなみなど外見を最低限整えないと中身まで悪く見られてしまいかねません。

外見に気を使い、相手を見た目だけで判断しないことがよりよい恋愛への近道となるでしょう。

さらにもっと外見ならもう既に気を十二分に遣っている、という方には次の方法を提案します。

ピグマリオン効果

この効果は人はあることを期待、もしくは断定されると無意識のうちにその通りの状態になる、もしくは近づくということです。

他人から期待してもらうのか?

いいえ、この効果は自分に向けてください。

自分に対して思う存分理想を押し付けてください。

強く意識することで確実に内面に変化が現れます。

イメージしてください。
日ごろだらだら過ごす自分ではなく、活発で、心象のよさそうな自分を。

これによって、あなたはすぐにこのようになることはできなくても、自分に強い理想に反した行動をとることに心理的抵抗が生まれます。

ダイエットなんかまさにそうですね。
理想の自分を日常的に意識すれば、ポテトチップスを夜中に食べることが非常に罪悪感のようなものを覚えるでしょう。
やがてポテチが気持ち悪くなるのです。

そこまでくればもう勝ちです。
あとは自分に言い訳せず、行動すれば確実に内面が変わります。